日本刀勉強会

日本刀勉強会開催のお知らせ

2007/7/22-1刀剣会鑑賞写真lets_study

 

 刀酔庵 至誠堂では毎月開催される「刀剣講座(刀剣文化研究所主催・会費5000円)」を後援しております
(画像は長野県松本市の会場で開催されている「日本刀勉強会」開催の様子です)。

 刀剣文化研究所主催の刀剣勉強会は愛知県、岐阜県、三重県の東海エリアは隔月で熱田神宮講堂で名古屋煌山会が主催者と成って開催しており、長野県、山梨県エリアは長野県松本市内で「あずさ会」を毎月開催して居ります。他に東京都内、宮城県、福島県の東北地方でも開催されており、静岡県以外は全て刀剣文化研究所・主幹 高山雪山先生が赴いて講師を務めていらっしゃいます。

 年に一度、愛知県「熱田神宮講堂」で開催される名古屋煌山会と各地域の刀剣会との大規模な合同特別鑑賞会は講師として前(財)日本美術刀剣保存協会資料課長、現五島美術館評議員、刀剣文化研究所・主幹である高山雪山先生をお招きして、現在でも脈々と生き続ける日本刀を通し刀剣鑑定の基礎知識はもとより平安時代から現在までの御国の文化、習慣、国体の変遷をも学ぼうとするもので、現在国内で行われている日本刀の鑑賞や鑑定方法だけを教える物とは全く違う勉強会であります。

 現在、高山雪山先生の刀剣勉強会は全国に普及し始めており、東北地方を始め、中部、関東、東海地方の至る処で開催されております。

 老若男女を問わず、日本刀、日本文化や古来からの御国の変遷を勉強されたい方は御入会をお勧めいたします、現在にはもう無くなりかけている「日本人独特の感性、倫理観」をもう一度認識する良い機会で御座います。

 御入会は他県の方であっても御近所の開催会場を御紹介させて戴きますので遠慮無くお問い合わせ下さいませ。

毎月の開催について

 「あずさ刀剣会」は平成27年度維新し、当会に永年通って下さった中、上級者は名古屋で開催されております隔月開催の「煌山会 (講師・高山雪山先生)」に編入して更に知識向上を図って戴き、今後刀剣に興味を持たれる初級者や入門者のみに限り毎月日曜日の午後1時から午後4時に長野県松本市市内で「刀剣入 門者講習」を開催することに成りました、この講習会は「あずさ会・幹事 林 義教、事務局長兼副幹事・三村昌三」東京より高山雪山先生をお招きして入門者向けに刀剣鑑賞の礼儀作法、鑑賞方法や各部位の説明、地鐵の種類、刃文の種 類、沸と匂いの相違点、映りの種類等々、刀剣鑑賞には必須の基本的なことを講習致します、毎回会費5000円で、お問い合わせを戴けますと事務局より詳細資料を御送付致しますので都合が合う日時に御出席下さいませ。又、毎年7月は「熱田神宮講堂にて解粉熟特別合同鑑賞会」として名古屋の煌山会(主幹・高山雪山先生)、更に他の刀剣会と合同の各個人の鑑識力を計る盛大な特別刀剣鑑定入札会に赴きますので当日の日程は大きく変わります。

 ご参加、入会希望、そのほかお問い合わせは刀酔庵 至誠堂内「全国日本刀勉強会事務局」までお問い合わせ下さいませ。

ページの上部へ戻る