取り扱い商品詳細

藤原正全作(江戸時代中期・尾張国)30-6-124

(特別保存鑑定)

石目地蝋鞘蝋鐵地金工金具打刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ54.5㌢ 元幅32㍉ 重ね7㍉ 反り16㍉
 江戸時代中期に尾張鍛冶として特に有名な名古屋で鍛刀していた正全の遺作で、現在の愛知県名古屋市近在の方には馴染み深く、そして名工として知られていることは御承知の通りで御座居ます。本作は身幅が元先に開きあり、反りが常より深めで、重ね厚く、中切先に結んだ江戸時代中葉より少し降った延宝から元禄年間頃の典型的な体配が示され、次ぎに地鐵に注目致しますと小板目が精美に詰んで、地沸が微塵に付いて地景働き、肌面が白け掛かって細かに肌立ち、刃文に眼を転ずると小沸勝ち匂い口締まって刃区から直ぐに焼出して、先に進んで互の目が連れだし、仔細に看ると互の目よりも丁字が主体となって、いくつか連れて腰が開いて居ることに気が付きます。これは彼が関鍛冶の流れで、関からの転住鍛冶で、いくつかの互の目が連れて腰が開く関流の僅か遺風を遺している事をしめし、古来の美濃国鍛冶の作風を基調としている事に成ります。刃縁にも小沸が良く付いて匂い口明るく、そして彼の作品の大きな特徴として重ねが目立って厚い傾向があることも追記しておきます。彼が名高く古来より人気が高い要因が、無骨な体配に丁子刃や互の目を大胆に焼くところに御座居ます。姿は生ぶで、身幅元先に差が付いて反りやや深めと成り、腰元浅く踏ん張り付いて中切先となり、地鐵は小板目精美に微塵に地沸が付いて、細かに地景働いて、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に大小の丁字が連れて処々刃沸がむら立ち、それが地に消し込んだ湯走りと成り、帽子は良く沸付いて横手より乱れ込んで、フクラ辺で浅い互の目を置いて先小丸に返り、物打ち上の棟まで長く焼き下げ、刃中匂い煙り、足が点続して刃中に煙り込み、ささやかに砂流し掛かっております。茎は生ぶで、先栗尻となり、鑢目鷹の羽と成って関鍛冶の名残を遺し、指表に制作者の銘を切り下しております。 本作はあまり御案内する機会に恵まれないのは、それだけ人気や知名度も高いい事も挙げられ此度55万円税込みで御案内申し上げますので御思案下さいませ。

藤原正全作(江戸時代中期・尾張国)30-6-124についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る