取り扱い商品詳細

武蔵守藤原国縄

((江戸時代中期・越前国))

特別保存鑑定 黒蝋鞘鐵地金工金具打ち刀拵え附 白鞘、研ぎ仕上げて納品確約

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ46.3㌢ 元幅32㍉元重ね7㍉ 反り1㌢ 江戸時代中葉の現在の福井県福井城下で鍛刀して居た国縄の遺作で御座居ます。現存作は希有で、銘鑑に江戸時代前期の慶安年間頃に下坂派の相模守国縄、中葉の貞享年間に越前大掾国縄が居り、その中間の万治、寛文年間前後の国縄が彼と考えており、恐らくは同族か一門で有りましょう。共に江戸に一度出府していると云いますから、下坂派の頭領的存在である康継一門と接点が有ると存知ます。この時代にしては珍しい平身の脇指で、越前新刀の風情を表出しているので、その作風を述べてみます。体配は平身で表裏に二筋樋と腰樋、その上に梵字の彫り物が有り、身幅の元先に開きが少なく、反りの付いた体配で、地鐵は小板目が詰んでいますが、細かな白い鐵が微塵に交じって肌目が浮き立ち、地沸が微塵に付いて肌面が白けて居ります。これは越前鐵と汎称される独特の作風で、越前鍛冶や下坂派に良く看られる風情で有ります。日本海側鍛冶に看られる地鐵の風情としては、近似したものに隣国の加賀鍛冶に良く似ていますが、加賀の新刀鍛冶はもっと地鐵がツルッとした細密さがあって、地沸は刃沸からこぼれた大小の沸が付くものが多く、細かに白い鐵が混入するものはあまり看ない点が相違点と指摘されます。刃文を看てみますと小沸勝ちの湾れ調に小互の目が連れて、刃縁には肌に作用して短な金筋、沸筋が良く働き、帽子は直ぐに入って、先は小丸に掃き掛けてやや深めに返って居り、越前の三代康継と同様な作風を表出し、彼等の作品が希有なのは、或いは三代康継等の相槌鍛冶としての役目が殆どだったからでは無いかとも考えています。地刃健全で完存の状態で有る彼の秀作を白鞘、研ぎを仕上げ直して48万円税込みで御案内致します。

武蔵守藤原国縄についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る