取り扱い商品詳細

伯耆守藤原信高30-6-24

(江戸時代中期・尾張国)三代)

黒蝋鞘赤銅金工金具打刀拵え附 特別保存鑑定

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ54.3㌢ 身幅33㍉ 重ね6㍉ 反り17㍉ 本作は江戸時代前期の尾張国名工として知られる三代信高の遺作で、彼は室町時代末期に関から来住して土着した鍛冶の一人で、それらの刀工を「尾張関」と汎称しております。彼の祖父は始め「兼高」と銘し、尾張に来住後に信高に改銘しております事は御承知の方も多い事と存知ます。そして本作はその跡を継いだ三代信高の全盛期作で、特に沸の働きに強いこだわりを持って鍛刀した事が作風から看取され、小板目肌に総体に厚く沸付いて、処々に飛び焼き掛かり、特に物打ち辺は大小の沸が地鐵に付いて、湾れ調に箱かかった互の目を交えて匂い口特に明るく、刃中には刃沸が微塵に付いて足が点続してささやかに砂流しが掛かり、一見すると加賀の兼若に近似した作風と成って居ります。彼の活躍年代は江戸時代中葉から少し降った元禄年間頃で、刀剣史上で最も華やかな作風を表出しているのがこの頃で、刃文がその文化を象徴しているように思えます。姿は生ぶで、身幅元先に開きがついて反りが深く、中切先延びこころに結んだ体配は元禄頃の姿の特徴で有り、地鐵は小板目が精美に厚く地沸付いて、中程からは徐々に焼き刃を高くして大互の目が連れて腰が開き、大阪鍛冶の華やかさの影響が見て取れます。刃文は小沸勝ち湾れ調に大小の互の目が連れて、処々に矢筈風の刃が交じって箱刃となり、焼き頭一段と沸が強く付いて湯走り掛かり、処々に小沸が地に溢れて明るく輝き、帽子は直ぐに入って先は小丸に返り、やや長く焼き下げています。刃中は匂い煙り、互の目足が点続して砂流しが働き、茎は生ぶ、先栗尻となり、鑢目大筋違い、差表目釘穴横棟寄りに任官職を入れた制作者の銘を切り下しております。出来に優れて制作時の完存を呈する本作を65万円税込みで御案内申し上げます。

伯耆守藤原信高30-6-24についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る