取り扱い商品詳細

無銘「二王」(南北朝時代・備後国)南北朝時代備後国名門派の作

(特別保存鑑定)

黒蝋家紋散鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ71.2㌢ 身幅29㍉ 重ね7㍉ 反り19㍉
 姿大擦り上げ、身幅元先に差が開かず反り総体について腰元の踏ん張り抜けて中切先延びた体配と成り、地鐵は板目精美に良く練られて肌立ち、処々流れて弱い地景働いて淡く映り立ち、総じて肌面白け掛かり、刃文は小沸勝ち匂い深い沈み心の直ぐ調に、小互の目、小乱れが連れて焼き頭処々に柾掛かった肌につられて小沸が点続して沸筋が散見され、帽子はそのまま直ぐに浅く湾れ込んで、先掃き掛けて大丸心に浅く返る。刃中匂い煙り小足点続してささやかに砂流し掛かり、茎は大擦り上げ、先切りとなり、鑢目切り、無銘。 本作は(公財)日本美術刀剣保存協会の審査で南北朝時代の備後国二王派の作と鑑別された作で、其の根拠に付いて看て行きたいと思います。まず体配は身幅元先に差が開かず中切先延びた大擦り上げの体配から南北朝時代の後半期の体配である事が看取され、次いで地鐵に注目致しますと板目が良く練られて大肌交じり、総体に流れ心強く、弱い地景が働いて肌面総じて白けて淡く映りが立って、此の点から場違い物の大和気質が看られ、小沸勝ち直ぐ調に小互の目、小乱れが連れて如何にも古様で、焼き頭には肌に沿って短い沸筋が処々に散見され、二王、法華、三原派等の特色が窺われ、肌合いが肌立つものが多いのが二王派に看られることにより此の極めとなったのでしょう。どちらかと云うと玄人好みする作風で渋い穏やかな作風は看ていて心が落ち着きます。眼を更に磨くには最適で75万円税込みで御案内致します。

無銘「二王」(南北朝時代・備後国)南北朝時代備後国名門派の作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る