取り扱い商品詳細

作陽幕下士正義刻印 文政十三年八月日(幕末・武蔵国江戸)幕末江戸名工の優作

(保存鑑定)

黒蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ48.1㌢ 身幅28㍉ 重ね6㍉ 反り13㍉ 

姿生ぶ、表裏に棒樋と添え樋をハバキ上でそれぞれ角留めにし、身幅元先に差が付いて、反り稍深く付き、腰元浅く踏ん張り付いて中切先に結び、地鐵は小板目精美に地沸付いて太い地景が下半に良く現れ、蒼黒く深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に互の目が連れ、3つ程連れて腰が開く様な態が断続し、焼き頭に処々湯走り叢と成って付いて鍛接肌と絡んで複雑な働きを見せ、帽子は浅く乱れ込んで先突き上げ心に小丸に掃き掛けて返る。刃中匂い煙り足点続して入り、砂流し掛かる。茎は生ぶ、先栗尻となり、鑢目化粧掛かった大筋違いと成り、差表目釘穴横棟寄りに居住地と幕臣で有る製作者銘を切り下し、差裏に同じく制作年紀を切り下している。
 本作は幕末最上名工の水心子正秀門下の細川正義の遺作で御座居ます。彼は師の正秀同様に幕臣で有り、多くの弟子の育成にも傾注した事は既に御承知の通りで御座居ます。本作は正秀没後から五年程過ぎた作で、師が生涯「復古刀論」を掲げて居たことに追従し、同門の大慶直胤等と同様に古作摸倣を此の頃に多くしております。本作は其の典型で、地に太い地景が下半良く働き、小沸勝ち匂い深い湾れ調に互の目が3つ程ずつ連れて腰が開く態が断続し、焼き頭が尖り心となり、更に叢と成って湯走りが付いて、恐らくは室町時代末期の「孫六兼元」を摸倣しているのでは無いかと存知ます。地刃共に緩み等は全く無く、以前は200万円前後した本作も現在では85万円税込みで御案内出来るまでに成りました。御思案下さいませ。

作陽幕下士正義刻印 文政十三年八月日(幕末・武蔵国江戸)幕末江戸名工の優作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る