取り扱い商品詳細

肥前国近江守忠吉(江戸時代中期・肥前国)六代 江戸時代中期の肥前佐賀藩工代表鍛冶

(保存鑑定)

黒蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

  長さ69.8㌢ 身幅32㍉ 重ね6㍉ 反り15㍉
 姿生ぶ、身幅元先に若干差が付いて、反り程良く腰元浅く踏ん張り付いて中切先に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、地沸微塵に付いて細かに地景働き、蒼味帯びて深美帯びた此の派独特の肌合いを呈し、刃文は小沸勝ち匂い深い直ぐ刃を焼いて、刃縁に小沸良く付いて匂い深で明るく冴え、帽子は直ぐに入り、先小丸に返り長く焼き下げ、刃中匂い煙り、微塵に小沸付いてささやかに砂流し掛かり、茎は生ぶ、先剣形と成り、鑢目切り、佩表目釘穴横棟寄りに居住地、任官職を入れた制作者の銘を切り下している。 本作は江戸時代中期の現在の佐賀県佐賀市の鍋島家番鍛冶で、同家に手厚く庇護されて幕末迄の十代まで脈々と続いた忠吉の六代で、彼と、五代、四代、三代は忠吉家の中で最も長寿で有る二代近江大掾忠廣の代作をしたと云われております。ですので近江大掾の作品には前述の各代が代作して一番出来の良いものを二代の作品として提出しており、作品数が少なく、然も上出来のものは近江大掾に拠出している為に自身作に名作が少ない事でも知られて居ります。六代は前半期に近江大掾が無くなり、三代、四代も没しており、五代の代作も致して居りますが比較的に作品は多い方で、中々良いものが自身作として遺っております。本作は其れに該当するもので、体配は江戸時代中葉の典型的体配を明示し、地鐵に注目致しますと小板目が細かに肌立って地沸微塵に付いて地景働き、所謂「肥前鐵、縮緬肌」と呼称される美しい地鐵と成り、蒼味帯びて深美帯び、特に焼き頭の直上に小沸が良く付いて淡く棒写り状に映り心と成っている点が注目され、此処に古来忠吉家一類が山城国の来国光に模を採って作刀していると云われる根拠が御座居ます。刃文は穏やかな直ぐ刃仕立てでは御座居ますが、匂い口の小沸の密度が濃く、刃縁の輝きは典雅で看ていて気分の良いものです。此度此の名作一刀一装を78万円税込みで御案内します。

肥前国近江守忠吉(江戸時代中期・肥前国)六代 江戸時代中期の肥前佐賀藩工代表鍛冶についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る