取り扱い商品詳細

兼永(江戸時代中期・武蔵国神田)少し御予算の余裕のある初心者、入門者様向け

(特別保存鑑定)

黒蝋鞘天正風拵え附(小柄、笄欠)

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ71.1㌢ 身幅3㌢ 重ね6㍉ 反り1.4㌢ 

姿生ぶ、身幅元先に稍差が開いて反り程良く、腰元浅く踏ん張り付いて中切先に結び、地鐵は小板目精美に地沸微塵に付いて刃寄り流れ心と成り、鐵色蒼味掛かって深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深く締まり心の直ぐ調に小互の目が焼き頭揃って連れ、処々小沸が点続して細い沸筋を形成して明るく輝き、帽子は直ぐに入り、稍たるみ心となって先小丸に返って一旦途切れて棟焼きと成り、刃中匂い煙り、互の目足短く刃中に消し込んで点続し、ささやかに砂流し掛かる。茎は生ぶ、先小振りの
刃上がり栗尻となり、鑢目筋違い、差表目釘穴下棟寄りに制作者の二字銘を切っている。 本作は江戸時代中期に美濃国から江戸神田に転住して鍛刀していた兼永の遺作で、出身は美濃鍛冶一類で御座居ます。本刀の作風は通常の「新刀関」と凡称される作風とは一格垢抜けて居り、詳しく看てみたいと思います。先ず体配は概述に御座居ます様に江戸時代中葉の典型的体配を顕示し、次いで地鐵に注目致しますと小板目が精美に刃寄り流れ心と成り、微塵に地沸付いて蒼味帯びて居り、通常は肌面白け掛かる所が看られず、冴えて居る点が最も注目される点で御座居ます。兼永と云えば関鍛冶の史実上の祖として古伝書に掲載され、兼永という銘は関鍛冶にとってとても重要な意味が込められており、他の関鍛冶は江戸時代に入ると他国に転住して「兼」の字を変銘してしまう中で、兼永は幕末迄同銘を襲名し続ける所に彼等の美濃鍛冶としての意地を感じので御座居ます。刃文に眼を転じますと小沸勝ち匂い口締まった直ぐ調に小互の目が連れて、処々の焼き鍛冶に小沸が点続して細い沸筋を形成し、何とも古様で渋味の中に典雅ささえ感じられる謂わば通人好みの作風で、刃中の小足なども沈み心で何とも気分の良いもので御座居ます。日常生活の雑踏に埋もれている中で本作を看ていると自然に心が穏やかに成り、忘れかけていた本来の自分を取り戻せることと存じます。65万円税込みで此の一刀一装を御案内致しますので御検討下さい。

兼永(江戸時代中期・武蔵国神田)少し御予算の余裕のある初心者、入門者様向けについてお問い合わせする

ページの上部へ戻る