取り扱い商品詳細

肥前国住伊勢大掾藤原吉廣(江戸時代中期・肥前国)名作へ買い換えを御検討なさっている方へ

(特別保存鑑定)

変わり塗り巴紋蝋鞘赤銅巴紋金具一作打刀拵附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

  長さ75.5㌢ 身幅34㍉ 重ね6㍉ 反り22㍉
 姿生ぶ、身幅有り長寸で豪壮で、身幅元先に差が開かず反り程良く付いて、腰元浅く踏ん張り付いて大切先に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、微塵に地沸付いて細かに地景働いて独特の肌合いを呈し、刃文は小沸勝ち匂い深い直ぐ調で、刃縁に小沸が一層深く明るく輝き、帽子は直ぐに入り、先富士型に小丸に返って稍長く焼き下げ、刃中匂い煙り、微塵に小沸付いて微かに砂流し掛かる。茎は生ぶ、先剣形と成り、鑢目切り、佩表目釘穴横棟寄りに居住地と受領銘を入れた製作者銘を切り下している。 本作は江戸時代中期の肥前国佐賀藩鍋島家召し抱え鍛冶の一人で有る吉廣の遺作で、彼は棟梁の忠吉門下で多くの作品を代作したであろう事が本作の作風から推測されましょう。その訳は先ず地鐵に注目致しますと、小板目が精美に細かに肌立ち、微塵に地沸付いて地景細かに働いて、鐵色蒼黒く深美帯び、所謂「肥前鐵、或いは小糠肌」の帯と成り、特に本作は秀抜で、更に小沸勝ち匂い深い直ぐ刃は刃縁一段と小沸付いて然も明るく冴えを見せており、棟梁の忠吉の作と見紛れる出来口を顕現し、刀剣歴の長い方でも恐らくは「三代忠吉」と直感される方も多い事と存知ます。付属の外装は変わり塗り蝋鞘に金具が付いて巴紋を蒔いており、金具も巴紋一作の金工金具で誂えられ、相当な上級士族の御腰ものであった事が伺えます。此度秀抜な彼の名作を150万円税込みで御案内申し上げますので、買い換えを御検討なさっている方にお薦め致しますので、御思案下さいませ。

肥前国住伊勢大掾藤原吉廣(江戸時代中期・肥前国)名作へ買い換えを御検討なさっている方へについてお問い合わせする

ページの上部へ戻る