取り扱い商品詳細

伊賀守藤原光治(江戸時代前期・加賀国金沢) 初心者、入門者様向け健全在銘新刀

(保存鑑定 研ぎ、鑑定新調して納品確約)

 黒蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ70.7㌢ 身幅31㍉ 重ね6㍉ 反り15㍉

 姿生ぶ、身幅元先に差が開かず反り程良く付いて腰元浅く踏ん張り付き、中切先に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、微塵に地沸付いて地景細かに働き、鐵色蒼黒く深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い浅い湾れ調に、焼き頭揃った小互の目連れて、焼き頭総じて湯走り付いて、処々それが連れて二重刃掛かり、そこから地に溢れて明るく輝きを見せ、帽子は直ぐに入り、丸くふっくらと返って物打ち棟まで長く焼き下げ、刃中匂い煙り、厚く沸付いて互の目足点続して刃中に煙り込み、砂流し細かに働き、微かに沸筋が働く。茎は生ぶ、先浅い剣形と成り、鑢目浅い筋違い、差表目釘穴横棟寄りに任官職を入れた制作者の銘を切り下している。 本作は江戸時代前期の寛永頃に加賀国金沢で鍛刀していた光治初代の遺作で、加賀鍛冶としては現存作も少なく、当堂も初見で有りますので作風を看てみたい存知ます。体配は前述の通り元先に差が開かず中切先で結んだ慶長体配から寛文体配に変容する過程のものである事が看取され、地鐵に注目致しますと小板目が細かに肌立ち、微塵に地沸付いて地景働いて蒼黒く深美帯て居り、日本海側の鍛冶に多い肌面が白ける感は無く、兼若等に代表される美濃鍛冶流とは全く相違した鍛冶で有ることが窺われます。そして刃文を腰元から追って看ますと、焼き高く小沸勝ち匂い深く厚く沸付いた小互の目を、刃区下から深く焼き込んで焼出し、その先10㌢程進むと匂い口が一段低くなって元の焼きの高さに厚い小沸が点続して二重刃を形成し、直下の匂い口はその先4㌢程進んで砂流しへと変容して、直上の小沸勝ち二重刃がそのまま主体と成って10㌢程断続し、その先は腰元同様に又一段焼き刃が低くなって匂い深と成って締まり、元の刃の高さに小沸が叢と成ってまばらに付いてそのまま切先まで断続しております。この点で注目されるのは小沸が湯走りと成ったり二重刃に変容して、処々地に溢れる等、無相州気質が強く、匂い口に付く沸が明るい点で、相州鍛冶も室町時代末期から全国に転住する事から、一脈その鍛冶の一類で有る事を想起させます。北陸鍛冶にしては地刃が垢抜けて居りますし、この手の意表を突く鍛冶の作風は看ていた気分の良いもので御座居ます。此度加賀鍛冶の秀抜な名作を手の届き易い55万円税込みで御案内申し上げますので御思案下さいませ。

伊賀守藤原光治(江戸時代前期・加賀国金沢) 初心者、入門者様向け健全在銘新刀についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る