取り扱い商品詳細

奥州仙台住藤原国包 慶應二年八月日仙台住郷守国造之「切り付け銘」明治元年白河之役池田所持(幕末・奥州仙台)刀剣歴3年目の方に奥州仙台伊達家番鍛冶の名作

(刀身は特別保存鑑定 外装は保存鑑定 )

黒変わり塗り小尻金具蝋鞘素赤金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ68㌢ 身幅28㍉ 重ね6㍉ 反り4㍉

 姿区上げ、身幅元先に差が付いて反り浅く、腰元浅く踏ん張り付いて中切先に結び、地鐵は小板目総体に流れて柾目目立ち、地沸微塵に付いて蒼黒く深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に互の目が交じり、刃縁に小沸総体に良く付いて物打ち辺は二重刃掛かり、帽子は焼き幅有り直ぐに入り先小丸に掃き掛けて返り、刃
中匂い煙り、砂流し、沸筋良く働く。茎は僅かに区上げて先生ぶの栗尻、鑢目化粧掛かった大筋違いと成り、差表下段目釘穴下棟寄りに居住地を入れた製作者銘を切り下し、差裏に同じく合作者と制作年紀を二行に切り下している。
 本作は共に仙台藩工である国包十三代と守国との合作した遺作で、貴重な資料でも御座居ます。国包は江戸時代初期から続く東北鍛冶最上名工で、彼以降十四代まで仙台藩の庇護の元永代に続いた名門一家で、皆上手で有ることは御承知の通りで御座居ます。合作者の守国は十二代国包の門と思われ、十三代国包の相槌鍛冶で有ると存じます。本作の見所は合作という貴重な作品で有ることは言うまでも御座居ませんが、国包家の真骨頂である精錬された柾目鍛えで、恐らくは柾鍛えでは古今を通じて彼等の上を行く鍛冶は皆無と存じ、美しく精美で詰んだ地鐵が流れる様は日頃の慌ただしい日常を忘れ去る一時と成り、更に小沸勝ちの明るい匂い口は地刃の明暗がハッキリとして所謂「冴え」を明示している点で御座居ます。最上名工の後代は技量が落ちるものが殆どで御座居ますが、仙台国包家だけは例外と云うべきで有りましょう。此度此の合作の名作を78万円税込みで御案内致します。

奥州仙台住藤原国包 慶應二年八月日仙台住郷守国造之「切り付け銘」明治元年白河之役池田所持(幕末・奥州仙台)刀剣歴3年目の方に奥州仙台伊達家番鍛冶の名作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る