取り扱い商品詳細

和泉大掾藤原国輝作(江戸時代中期・伊豫国松山)名作、優作に買い換えを御検討なさっている方へ

(特別保存鑑定 )

青貝微塵蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ72.4㌢ 反り14㍉ 身幅32㍉ 重ね6㍉
 姿僅かに刃区を送り茎先生ぶ、身幅有り、元先に浅く差が付いて反り程良く腰元浅く踏ん張り付いて中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に細かに地沸付いて地景働き、鐵色冴えて深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い直ぐ調に出入りの少ない互の目が連れて焼き頭揃い、匂い口広く小沸厚く付いて処々地に溢れて輝き、中程小沸叢と成って厚く沸付き点続して飛び焼きが有り、帽子は焼き高く直ぐに擦り、先小丸に返って一度途切れ、其の下に小沸が点続して物打ち棟まで棟焼き掛かり、刃中匂い煙り、小沸勝ち小足点続して葉交じりながら元から先まで断続して刃中に煙り込み、砂流し掛かってささやかに沸筋働く。茎は僅かに刃区を送り、先は生ぶの刃上がり剣形、差表下段生ぶの目釘穴下中央に任官職を入れた制作者の銘を切り下している。 本作は江戸時代中期の伊豫国松山藩召し抱えと成った国輝の遺作で、彼は長州で初め長清と銘して鍛刀していたのですが、後に寛文年間頃に伊予松山藩主の松平家の呼びに応じて同地に転住した様で御座居ます。本刀の作風を看てみることに致します。体配は概述の江戸時代中期の典型と成り、地鐵は小板目に微塵に地沸付いて地景働き蒼黒く冴えて、彼が相州気質の作風が特異である事を示唆して居り、刃文は小沸勝ち匂い深い直ぐ調で焼き出して、刃区より10㌢程進んでから焼き頭揃った互の目を連れて、刃中小足、葉が点続し初め、中程に行くに連れて焼きが僅かずつ高くなって乱れの幅が大きくなり、刃中には小沸勝ちの足、葉が点続し、砂流し掛かり、ささやかな沸筋が働き、総体に焼き頭に沸が良く付いて輝き、中程は少し突出た互の目の上に飛び焼きが鎬に沿って5センチ程連れ、道中の刃がそのまま切先横手まで続いて帽子に繋いでおります。地と刃の明暗がハッキリとして、良く沸付いた匂い口は、彼が前述の相州気質の作風を好んで焼いたことを裏付けるものであり、上手な鍛冶で有ったことが窺われ、帽子の僅かに残った朽ち込み跡が惜しまれますが、それ以上に力感に溢れた作風を醸す本作は、其れを全く気にさせない所に本刀の迫力を感じさせています。是非地元の愛刀家に御所蔵戴いて帰参させて上げたく存じ、出来に優れたこの一刀一装を此度76万円税込みで御案内申し上げますので御思案下さいませ。

和泉大掾藤原国輝作(江戸時代中期・伊豫国松山)名作、優作に買い換えを御検討なさっている方へについてお問い合わせする

ページの上部へ戻る