取り扱い商品詳細

石州長濱住林祥作(室町時代末期・石見国)島根県浜田市長浜に住した名工の出色作

(特別保存鑑定)

黒蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ69.6㌢ 身幅32㍉ 重ね7㍉ 反り28㍉
 姿生ぶ、表裏に棒樋をハバキ上で角留めにし、身幅元先に差が付いて、先反り目立って強く付きいて腰元浅く踏ん張り付いた中切先に結び、地鐵は小板目精美に緻密に錬られ、微塵に小沸付いて弱い地景働き、淡く映り立って総じて肌面白けて所謂「白け映り」と凡称される作風と成り、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に中程から上半は直ぐ調の匂い口の直上に乱れ刃を焼いた二重、三重刃と成って切先横手まで断続し、切先はそのまま二重刃と成って直ぐに入り、先厚く沸付いて稍大丸に返っている。刃中匂い煙り、微塵に小沸付いて下半の湾れ調に互の目が連れる所は互の目足点続し、上半は中はささやかに砂流し掛かる。茎は生ぶ、先栗尻となり、鑢目筋違い、差表目釘穴横棟寄りに細鏨で居住地を入れた制作者の銘を切り下している。本作は室町時代末期の石見国長浜鍛冶の林祥の遺作で、現在の島根県浜田市長浜町に住し、銘鑑には「同町の天満宮には林喜屋敷が遺り、同町の和木に採鉄地が有って近年まで採掘していたと謂われる刀の原料産地で、戦国時代には大内家の支配で朝鮮交易の主要港となり、後に毛利家の支配に移行して栄える。」と記載され、同門には林喜、祥末、祥弘、祥利、祥貞、祥雲等が居り、皆上手で「祥」の字を使う為に縁起が良い刀工として広く知られて居ります。本作を看てみますと体配は概述に御座居ます様に大永から天正年間の典型で、地鐵が小板目精美に良く錬られて映り立って肌面総じて白けて日本海側鍛冶の特色を明示し、刃文は小沸勝ち匂い深く、腰元は直ぐに焼き出して互の目を交え、匂い口に小沸が良く付いて輝きを見せ、その刃が中程まで断続すると直ぐ調と成り、厚く沸付いて直上に湯走り、飛び焼きが点続して二重刃と成り、物打ち手前から点続する二重刃が乱れて更に厚く沸付いて匂い口が発生してすだれ状と成り、乱れてその上に更に湯走り、飛び焼き掛かった焼き刃を顕現し、そのまま帽子に入って掃き掛けて返っております。江戸時代前期に発生する丹波守吉道に代表される「すだれ刃」の先駆け的な作風で、多くの刀工が近隣の出雲大社で駐鎚している事も踏まえると、彼等がその作風の先駆者で有ったと想像されるのも興味深く、本作は奈良県の3桁の登録である事から相当の士族のに傳来したことが窺われ、名作に買い換えを御検討なさっている方に105万円税込みで御案内致します。なお、写真の刀身地鐵に小さく映っております小傷のようなものは、まったく御座居ませんので御安心下さいませ。

石州長濱住林祥作(室町時代末期・石見国)島根県浜田市長浜に住した名工の出色作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る