取り扱い商品詳細

草野吉明作 慶応二年秋(幕末・摂津国)名作に買い換えを御検討なさっている方へ

(特別保存鑑定)

黒石目地蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ71.2㌢ 身幅32㍉ 重ね7㍉ 反り13㍉
 姿生ぶ、身幅、重ね有り身幅元先に差が開かず反り程良く付いて腰元浅く踏ん張り付き大切先に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、地景細かに働いてザングリとした感有り、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に丁子連れて、2.3連れて腰が開く刃取りが断続し、帽子は焼き深く湾れ込んで先大丸に長く返り、棟焼きへと繋ぎ、刃中匂い煙り丁子足点続して刃先に掛けて煙り込み、ささやかに砂流し働く。茎は生ぶ、先栗尻となり、鑢目銑鋤(上から下に直線状で鑢が掛かっている様)と成り、無差表目釘穴下中央に草書で制作者の銘を切り下し、差裏目釘穴横棟寄りに同様の書体で制作年紀を切り下している。 本作は因幡国の生まれで刀工を志して当時第一級の名工として名高い大阪の月山貞勝の門人と成った草野吉明の遺作で、現存作が少ないのは相槌鍛冶として師を助けた事と、独立後直ぐに廃刀令がが出て鍛刀する機会に恵まれなかった事と考えています。作品を看て看ましょう、体配は身幅、重ね有り、重厚な切先延びた幕末刀特有の体配と成って、地鐵は小板目が精美に詰まり、細かく肌立って地景働き、ザングリとした感が有り、在銘作は初見なので此の肌合いが彼の持ち味なのでしょう。刃文は小沸勝ち湾れ調に丁子が2.3連れて腰が開いており、丁子足点続して焼き頭に小沸良く付いて所により短な沸筋が散見されて明るく輝き、師伝を良く継承している事が伺えます。茎に眼を転ずると銑鋤鑢と成り、幕末鍛冶では珍しい茎仕立ての鑢となって居る事も彼の特徴で御座居ます。本作は数少ない彼の秀抜な作で、在銘無欠点の益荒男振りの名作をお探しの方や名作に買い換えの方には真向きと存じ、此度98万円税込みで御案内申し上げます。

草野吉明作 慶応二年秋(幕末・摂津国)名作に買い換えを御検討なさっている方へについてお問い合わせする

ページの上部へ戻る