取り扱い商品詳細

仙臺住藤原宗利(幕末・陸奥国仙臺) 宮城県仙台市の幕末刀工健全作

(保存鑑定 研ぎ、白鞘、ツナギ新調して納品確約)

朱変わり塗り蝋鞘赤銅金工金具打刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

  長さ70.4㌢ 身幅33㍉ 重ね7㍉ 反り13㍉
 姿生ぶ、身幅元先に差が付いて、反り稍浅く、腰元浅く踏ん張り付いて中切先に結び、地鐵は小板目精美に微塵に地沸付いて瑞々しい潤い有って鐵色深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い浅く湾れた直ぐ調と成り、処々焼き頭に湯走り叢と成って連れて、小沸点続して沸筋働き、匂い口明るく、帽子は直ぐに入り、先丸く横手上まで焼き下げて、刃中、匂い煙り、刃縁から小沸刃中に煙り込み、ささやかに砂流し働く。茎は生ぶ、先刃上がり栗尻となり、鑢目化粧掛かった大筋違い、差表目釘穴横棟寄りに居住地を入れた制作者の銘を切り下している。本作は幕末の仙台鍛冶の宗利の遺作で、現存する遺作に「奥州太郎宗利」と銘するものが有り、現存する作品は10口に満たなく、御覧に成った方は少ないと存じます。彼は想像するに他の鍛冶の相槌鍛冶としての職が主で、自身作を打たなかった事により少ないのでは無かろうかと考えます。
順を追って看ていきますと、体配は身幅有り、元先に差が付いて反り稍浅く、中切先延び心と成って浅く踏ん張り付いており、地鐵は小板目精美に良く詰んで無地風と成り、微塵に地沸付いて潤い有り、鐵色稍黒味掛かって強く、刃文に注目すると小沸勝ち直ぐ調に湯走りが焼き頭に連れて二重刃掛かる所が処々に看られ、物打ち辺は特に小沸が地に溢れて輝き、食い違いを見せるなど大和気質が看取されます。総じて地刃の明暗がクッキリとして所謂「冴え」があり、現存作は希少な割に上手な刀工である事に気付きます。ハバキ元に生ぶ刃(製作した際に刃を立てない部分)が遺っている点も、誂えられたまま未使用で現在に伝わってきた事が伺えます。本刀は上部の写真のまま外装に入ったまま薄錆で有りましたものを、全てに渡り手を入れて58万円税込みで御案内申し上げますので、御思案下さいませ。

仙臺住藤原宗利(幕末・陸奥国仙臺) 宮城県仙台市の幕末刀工健全作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る