取り扱い商品詳細

無銘「播磨大掾忠国」(江戸時代前期・肥前国)初心者、入門者様向け江戸時代肥前名工作

(保存鑑定)

黒呂印籠蝋鞘鐵地金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ68.1㌢ 身幅29㍉ 重ね6㍉ 反り12㍉
 姿大擦り上げ、身幅元先に差が開かず、反り稍浅く付いて腰元踏ん張り抜けて中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、微塵に地沸付いて、地景良く働き、鐵色強く深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い浅い湾れ調に、丁子連れ、刃縁一段と沸付いて湯走りと成って地に溢れて輝き、帽子は沸深で直ぐに入り、先小丸に掃き掛けて長く焼き下げ、刃中匂い煙り、丁子足刃先に掛けて長く煙り込み、微塵に小沸付いて刃中輝き、金筋細かに働いて沸筋良く働き、砂流し掛かり、景色に富む。茎は擦り揚げて先切りと成り、鑢目切り、無銘。
 本作は(公財)日本美術刀剣保存協会審査で「肥前忠国」に鑑定された作で、その根拠について順を追って看ていく事に致します。先ず体配は擦り揚げて身幅元先に差が開かず、反り稍浅く付いて中切先延びた体配は江戸時代初期と中期の丁度寛永年間頃の体配とみられ、地鐵が小板目精美に細かに肌立ち、地沸が微塵に付いて地景働き、鐵色強くなり、所謂「肥前鐵、縮緬肌」と成っており、この点に於いて肥前刀で地沸が強く付く刀工に絞られ、次いで刃文に注目すると浅い湾れ調に丁子が連れて、刃縁一段と沸付いて丁子の谷間に小沸が溜まり、焼き頭に湯走りが叢と成って処々地に溢れて輝き、帽子は直ぐに入り先小丸に掃き掛けて長く焼き下げております。沸を前面に出した作風は伊豫掾宗次等の得意な所でありますが、本作は其れに比べて小沸主体で、荒沸などが地に溢れる宗次とはやや相違して、小沸が刃と刃中に良く付いて居り、丁子の谷間にも小沸が溜まり、播磨大掾忠国等に代表される忠吉門下筋に多い作風が看取され、此の小沸主体の丁子の代表工として前述の忠国として鑑定したので御座居ましょう。匂い口も匂い深で刃中にも微塵に小沸付いて丁子足が長く点続し、細かな金筋、沸筋が良く働いて景色に富み、上手な刀工の作で有る事は相違無く、特に沸の働きを品良く前面に出した本刀は、無傷で健全で有り、初心者、入門者様の始めて御所蔵に成られるには打って付けの教材に成る事でしょう。此度当堂で研ぎ仕上げを致しまして手の届き易い38万円税込みで御案内申し上げます。

無銘「播磨大掾忠国」(江戸時代前期・肥前国)初心者、入門者様向け江戸時代肥前名工作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る