取り扱い商品詳細

備前国住人横山祐義 元治二年二月日(幕末・備前国)初心者、入門者様向け幕末長船健全刀

(保存鑑定 柄糸新調納品確約)

朱青貝微塵蝋鞘鐵地金工総金具打ち刀拵え附 

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ71㌢ 身幅31㍉ 重ね7㍉ 反り17㍉

 姿生ぶ、身幅元先にやや差が付いて反り程良く、腰元浅く踏ん張り付いて中切先に結び、地鐵は小板目精美に微塵に地沸付いて瑞々しく深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い締まった直ぐ調に焼き頭揃った小互の目が連れ、帽子はそのまま直ぐに入り先小丸に返って横手上棟下まで長く焼き下げ、刃中匂い煙り、互の目足点続して刃先に煙り込み、ささやかに砂流し働く。茎は生ぶ、先刃上がり栗尻となり、鑢目はハバキ下は勝手下がりで茎尻に行くにつれ徐々に角度が急と成る筋違いと成り、差表目釘穴横棟寄りに居住地、所属派を入れた制作者の銘を切り下し、差裏に同じく制作年紀を切り下している。 本作は幕末の備前国長船鍛冶の一大派閥である横山派に所属する祐義の遺作で、横山派の鍛冶は多くの類似点が見所でも御座居ますので、順を追って看ていく事に致します。先ず体配に関しては幕末に多い大切先などの豪壮なものは少なく、多くは尋常な打ち刀の体配と成って居り、地鐵に注目すると小板目が精美に細かに詰んで肌目が看えない程と成り、微塵に地沸付いて艶やかな潤い有る地鐵と成っている点が横山派鍛冶の共通点で、此の地鐵を好む方も多く、澄んだ渓流の溜まりに見る透明感有る肌合いに例える方もいらっしゃります。次いで刃文に注目すると小沸勝ち匂い深く締まり心と成っており、本刀は明るい匂い口が直ぐ調と成り、焼き頭が揃った互の目が連れて居りますが、他に丁子もあり、概して腰が開く穏やかな互の目は殆ど見られない点も特徴で、刃中に刃先に煙り込む長い足が入り、透明感有り金筋等の働きに乏しい点も同派の見所で御座居ます。そして茎に注目すると、鑢目が特異である事に気が付かされます。通常は一定の角度でハバキ下から茎尻に掛けて鑢が入るのに対し、横山派はハバキ下は勝手下がりで茎尻に向かうにつれて徐々に角度が急と成って、尻の近くは筋違いとなっており、この点も大きな見所で御座居ます。本刀派横山派の見所を明示した健全刀で、特に地鐵は美しく、見ていると心が穏やかになれる作風は、初心者、入門者問わず幅広い層に支持を得て居り此度、65万円税込みで御案内致します。

備前国住人横山祐義 元治二年二月日(幕末・備前国)初心者、入門者様向け幕末長船健全刀についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る