取り扱い商品詳細

賀州住「兼若」(江戸時代地中期・加賀国)三代 加賀武士が富の象徴として帯刀した名工作

(保存鑑定)

変わり塗り蝋鞘鐵地金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ45.5㌢ 身幅29㍉ 重ね6㍉ 反り8㍉
 姿擦り揚げ、身幅元先に差が付いて、反り程良く腰元浅く踏ん張り遺り中切先に結び、地鐵は小板目精美に詰んで、総体に柾掛かり、地沸微塵に付いて鐵色深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に腰開き互の目連れ、刃縁鍛接肌に沿って著しい金筋が働き、地にも小沸が点続して沸筋を形成するなど景色豊富で然も明るく、帽子は浅く湾れ込んで金筋良く働いて先強く掃き掛けて浅く返る。刃中匂い煙り、互の目足点続して肌に絡んで幾筋もの金筋、沸筋が働き、茎は擦り揚げて先切りと成り、生ぶの鑢目大筋違い、差表茎尻の生ぶの目釘穴横棟寄りに居住地を切って其の下は切れる。本作は銘の書体から江戸時代中期の加賀国名工として名高い兼若三代の遺作で、銘鑑には「又助子。四郎右衛門、延宝五年に生涯兼若と切らなかった父の景平(二代四郎右衛門兼若)が没すると彼が四郎右衛門を襲名して再び兼若と切る、宝永八年歿。」とあり、気骨な父で有った事が伺われ、其の元で学んだ彼はさすがに上手な刀工と知られて居ります。本刀は彼の現存する作品の中でも上位に位置する出来映えを見せており、順を追って看てみましょう。先ず体配は二寸程擦り揚げられておりますが僅かに踏ん張り心残り、元先に差が付いて中切先に結んだ体配は江戸時代中期の典型な体配で、次いで小板目が総体に柾掛かり、地沸が微塵に付いて地景良く働き鐵色明るく、刃文に注目すると小沸勝ち匂い深い腰開き互の目が連れ、肌に呼応して匂い口に無数の金筋、沸筋が働いて地に働きが延伸して明るく輝き、刃縁にも同様にな働いて景色豊かで、刃中の働きも互の目足に金筋、沸筋が無数に働いており、地刃の明暗がハッキリとして、北陸鍛冶の中に有って肌面が白けない所に兼若一族の垢抜けた作位を看取することが出来ましょう。本刀は往時の士族間では富の象徴と名門を誇る代名詞的な刀として重用され、兼若を持てない士族には嫁を出すなと謳われた程でござました。此度名工兼若の名作を手の届き易い39万円税込みで御案内申し上げますので御検討下さいませ。

賀州住「兼若」(江戸時代地中期・加賀国)三代 加賀武士が富の象徴として帯刀した名工作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る