取り扱い商品詳細

大刀 無銘「板倉関」(室町時代末期・美濃国)・小刀 宗光(室町時代末期・北陸地方)

(刀身は大小共に保存鑑定 外装に入ったまま薄錆のものを研ぎ、白鞘、ツナギを新調して納品確約)

青貝微塵蝋鞘京金工金具大小揃い拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

大刀 無銘「板倉関」(室町時代末期・美濃国)
   長さ67.8㌢ 身幅28㍉ 重ね6㍉ 反り2㌢

小刀 宗光(室町時代末期・北陸地方)
   長さ24.6㌢ 身幅23㍉ 重ね6㍉ 無反り

大刀解説 姿大擦り上げ、身幅元先に差が付いて先反り遺り、腰元踏ん張り抜けて小振り中切先に結び、地鐵は小板目精美に刃寄り流れて鮮明に映り立ち、肌面総体に白け、刃文は小沸勝ち匂い深い浅い湾れ調に、互の目が連れて処々に尖り心の互の目交じり、帽子は浅く湾れ込んで、先大丸に返り、刃中匂い煙り、互の目足点続して刃先に煙り込み、微かに砂流し掛かる。茎は大擦り上げで先切りと成り、鑢目切り、無銘。
小刀解説 姿平造り生ぶ、表裏に棒樋をハバキ上で丸留めにし、三棟と成って身幅元先に差が付いてフクラ枯れ心と成り、地鐵は板目精美に総体に肌立ち心となり、細かに地景働いて鐵色黒味帯び、叢と成った映り立って肌面白け、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に出入りの少ない互の目が連れて処々尖り刃交じり、刃縁総体に沸付いて僅かに沸筋働き、帽子はのたれ込んで先焼き詰め風と成る。刃中匂い煙り、互の目足点続して小沸良く付き沸筋、金筋働き景色に富む。茎は生ぶ、先刃上がり栗尻となり、鑢目浅い筋違い、差表目釘穴下中央に制作者の二字銘を切る。
 本大小揃いは生ぶ出し品で外装に入ったまま薄錆で有りましたものを鑑定から全てに於いて手を入れて御案内するもので、上段の写真は研ぎ上げる前のもので御座居ます。このカタログが皆様のお手元に届く頃には、全て仕上がっている予定で進めておりますが、多少御案内が遅くなる事も御座居ますので、御了承下さいませ。先ず、大刀から御説明していく事に致します。本作は前回の(公財)日本美術刀剣保存協会審査で室町時代末期の美濃国七流の一つに挙げられる「板倉関」に鑑定されたもので、其の作風を見ていきたいと存じます。先ず体配は大擦り上げと成り、身幅元先に差が付いて先反り付き、踏ん張り抜けて小振り中切先に結んであり、この点で室町時代後期の体配が看取されます。ここで「先反り」とは何か、と良く聞かれますので御説明しておきます。鎌倉時代初頭は刀の反りの中心は生ぶの目釘穴上部に有り、時代が下がるに連れて反りの中心が徐々に上の方へと変遷して、室町時代初頭に生ぶ体配のハバキ上に反りの中心が出はじめ、これを腰より先で反る事から「先反り」と呼称しております。ですので本作は擦り揚げながらも先反りの痕跡が残っている事により、室町時代初頭を下る古刀で有る事が解るので御座居ます。先反りも室町時代中頃迄は太刀姿の反りの体配を遺して居るので、先反りが付いて打ち刀風の体配と成っている本作は室町時代末期の体配と鑑別出来る訳です。地鐵は小板目刃寄り流れ心に映り立って肌面白け、互の目が連れて処々に尖り刃が交じり、典型的な美濃鍛冶の作風であり、刃文の作風から板倉関に絞って鑑定したので御座居ましょう。次いで小刀について述べてみたいと思います。三棟で身幅、重ね尋常、元先に差が付いてフクラ枯れ心と成り、無反りで、地鐵は黒味帯びて板目肌立ち心となり、細かに地景働いて映り立ち、肌面白けている点から、北陸物で有る事が偲ばれ、小沸勝ち湾れ調に出入りの少ない互の目が連れて、刃中小沸厚く付き、小足点続する作風は越前、加賀、越中等の場違いもの鍛冶によく看られるもので、帽子が焼き詰め風と成り、湾れを主体としている事からも、宇多派系鍛冶か加賀鍛冶系かと存じます。素朴な銘振りも愉しめ、大小共に室町時代末期の作で誂えられて居ります。外装の金工金具は京金工金具の高彫りで、人物を浮き彫りにして鍍金しており、華やかで御座居ます。大小揃いは大変に人気で、本作は鑑定から全てに渡り手を入れて新調致して納品致しますので、最上の状態で御案内致します。65万円税込みですので御思案下さいませ。

大刀 無銘「板倉関」(室町時代末期・美濃国)・小刀 宗光(室町時代末期・北陸地方)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る