取り扱い商品詳細

應畑中好道望 藤原国包作之 文久元年八月日(幕末・陸奥国仙台)幕末の仙台藩伊達家番鍛冶の典型作

(保存鑑定)

黒石目地蝋鞘鐵地肥後金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ67㌢ 身幅29㍉  重ね6㍉ 反り12㍉

 姿生ぶ、身幅元先に浅く差が付いて、反り程良く腰元浅く踏ん張り付いて中切先に結び、地鐵は小板目総体に柾掛かり、蒼黒く深美帯びて潤い有る鐵色と成り、刃文は小沸勝ち匂い深い直ぐ調に、焼き頭揃った小互の目が連れて、焼き頭処々に小沸が長く点続して肌合いに沿って幾筋もの沸筋を形成して賑々しく、帽子は道中の働きのまま帽子に直ぐに入り、先小丸に浅く返り、刃中匂い煙り互の目足短く点続して小沸微塵に付き、ささやかに砂流し掛かる。茎は生ぶ、先栗尻となり、鑢目化粧掛かった大筋違い、差表目釘穴横棟寄りに本作の注文者の銘と製作者銘を切り連ね、差裏に同じく制作年紀を切り下している。 本作は幕末の現在の宮城県仙台市の伊達家に召し抱えられて居た国包の遺作で、制作年紀から十三代国包で御座居ます。彼は水戸徳川家当主の徳川齊昭公の命に因って制作した作も有り、名門の伊達家番鍛冶として広くその名を知られた名工で、江戸時代初期から受け継ぐ精美な柾目鍛えが真骨頂で、本作も其の所伝通りの作風で御座居ますので、早速看てみたいと思います。先ず体配は幕末刀ならではの少し武張った体配と成り、地鐵に注目致しますと小板目が総体に柾掛かって蒼黒く深美帯び、地沸が微塵に付いて端麗で、小沸勝ち匂い深い直ぐ調に小互の目連れた刃を刃区上から焼きだし、匂い口直上に肌合いに沿って小沸が幾筋も点続して沸筋を形成し、その刃取りが元から先まで断続しております。中程から焼き頭の沸筋が強く成り、明るさが増して一層輝きを増し、物打ち辺では匂い口が島刃状と成って厚く小沸付き、此の部分に於いては本作の一番の大きな見所となっております。銘文に刻まれる「畑中好道」と云う人物は、恐らく伊達家家臣の一人と存じますが、手持ちの資料ではどの様な人物であったかは知る術が御座居ませんが、上級士族である事には相違無く、本作を帯刀した際はさぞ優越感に浸った事で御座居ましょう。研ぎ減り等も全く無い本作はほぼ打ち卸しの状態で有る事が好ましく、伊達様の血筋には及ばずとも精神は引けを取る事が無いとお考えの方へ65万円税込みで御案内申し上げます。

應畑中好道望 藤原国包作之 文久元年八月日(幕末・陸奥国仙台)幕末の仙台藩伊達家番鍛冶の典型作についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る