取り扱い商品詳細

延寿国秀(幕末・肥後国)水心子正秀門の肥後熊本の古参延寿派鍛冶

(特別保存鑑定)

黒蝋鞘赤銅肥後金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

    長さ68.2㌢ 身幅32㍉ 重ね7㍉ 反り16㍉
 姿生ぶ、身幅元先に浅く差が付いて反り程良く、腰元浅く踏ん張り付いて中切先延びた体配と成り、地鐵は小板目精美に微塵に地沸付いて艶やかな潤い有る鐵色と成り、刃文は刃縁広い小沸勝ち匂い深い湾れ調に互の目が交じり、太い匂い口に金筋、沸筋が盛んに働いて明るく輝きを魅せ、処々刃縁から小沸が地に溢れ、帽子は太い匂い口のまま直ぐに入り、先小丸に掃き掛けて返り、長く焼き下げている。刃中匂い煙り、刃縁の金筋、沸筋が幾重にも働いて刃中に消し込み、また微塵に地沸付いて豊かな景色を醸している。茎は生ぶ、先急な刃上がり栗尻となり、鑢は化粧掛かった大筋違い、差表目釘穴下棟寄りに、所属派を入れた制作者の銘を切り下している。 本作は現在の熊本県の鍛冶で、江戸に出府し水心子正秀の門と成り、独立後に帰郷して鍛刀していた国秀の遺作で、彼は鎌倉時代後期に国村を祖として派生した延寿派の裔で、父の国俊と共に延寿派末葉の鍛冶として作品を遺しております。その作風は水心子正秀の作風が大きく繁栄されており、特に匂い口の働きは彼自身が創作したもので、其の独特の作風を看てみたいと思います。体配は此の時代特有の武骨な感の有るものとなり、地鐵に注目致しますと此の時代の鍛冶特有の小板目が微塵に詰んで艶やかな潤い有る鐵色に、小沸が微塵に付いて深美帯びて居ります。更に刃文を腰元から切先に掛けて看てみますと、刃区下から刃縁広い小沸勝ち匂い深い直ぐ調で焼出し、広い匂い口の中には金筋、沸筋が幾筋も重なって小沸と絡んで独特の働きを顕現しており、焼き頭にも小沸が点続して細い沸筋が働き、その作風が切先まで断続しており、処々に互の目が交じり、その焼き頭には一層沸が厚く付いて地に溢れて明るく輝き、総体に豊かな働きに満ちた刃文で、此処に彼の作風の大きな見所が御座居ます。浅い湾れ調では御座居ますが、此の覇気有る作風には彼の意地が表出ており、見事な一刀一装で御座居ます。此度此の名作を85万円税込みで御案内致します。

延寿国秀(幕末・肥後国)水心子正秀門の肥後熊本の古参延寿派鍛冶についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る