取り扱い商品詳細

無銘「高田」(室町時代末期・豊後国)

(保存鑑定 研ぎ新調済み)

黒石目地蝋鞘金総金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ70.7㌢ 身幅33㍉ 重ね8㍉ 反り16㍉ 研ぎ新調済み
 姿生ぶ、身幅、重ね有り、身幅元先に差が開かず反り程良く、腰元浅く踏ん張り付いて大切先に結び、地鐵は小板目精美に良く錬られ、微塵に地沸付いて中程から下半ハバキ元に掛けての鎬寄り地鐵に、処々大肌交じって深美帯び、総じて肌面白け心となり、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に互の目連れて随所に丁子刃交じり、処々腰が開いて焼き頭に湯走り叢と成って付いて地に溢れ、ささやかに金筋働いて、帽子は乱れ込んで互の目を置いて先稍大丸に返り、棟焼きへと繋ぎ、刃中匂い煙り、小足、葉点続して沸筋働き、微かに砂流し掛かる。茎は生ぶ、先刃上がり剣形と成り、鑢目浅い筋違い、無銘。 本作は昨年の(公財)日本美術刀剣保存協会審査で室町時代末期の「高田鍛冶作」として鑑定された作で、どうして高田鍛冶作として鑑定されたのかを順を追って看ていきたいと存じます。先ず、体配は身幅、重ね有り、元先に差が開かず先反り程良く付いて大切先に結んだ体配と成っております。此の体配南北朝時代の大擦り上げの体配に近似して居りますが、重ねが厚く生ぶの体配で有る事により室町時代末期の永正、文禄年間の典型的体配で有り、次いで地鐵に注目致しますと、小板目が精美に良く錬られ、微塵に地沸付いて鎬寄りに大肌処々に看られ、更に総じて肌面が白け心となって居り、この点で場違いもので日本海側鍛冶や美濃鍛冶の作に絞られて参ります。刃文に注目すると小沸勝ち匂い深く締まり心の互の目が連れて、丁子刃交じり、更に互の目の腰元に小沸が溜まり、焼き頭処々に湯走り叢と成って付いてささやかな金筋働き、刃中小足、葉点続して沸筋が微かに働いております。此の作風は美濃鍛冶のように柾目が交じるものとは相違し、地鐵に細かな白っぽい地鐵が交じる所も見受けられず、九州鍛冶によく看られ、此の時代に合致する此の手の作風を焼く鍛冶群が高田鍛冶によく看られることに起因するので御座居ましょう。とても良い極めと存じますし良い外装の附した一刀一装で体配、出来口を教材にして戴くにも入門者様には最適な健全刀と存じ、此度研ぎ上げて43万円税込みで御案内申し上げますので是非、御検討下さいませ。

無銘「高田」(室町時代末期・豊後国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る