取り扱い商品詳細

無銘「大石左」(室町時代中頃・筑前国)

(刀身、外装共に特別貴重鑑定 白鞘、ツナギ、研ぎ新調済み)

黒石目地変わり塗り蝋鞘金工金具尾張拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ37.2㌢ 身幅28㍉ 重ね5㍉ 反り3㍉
 姿擦り揚げ無銘、身幅元先に差が付いて先反り付いてフクラ枯れ、地鐵は小板目精美に良く錬られ微塵に小沸付いて深美帯び、刃文は匂い煙る小沸勝ち湾れ調に互の目、小湾れを連れて総じて強く小沸付いて焼き頭から湯走り叢と成って点在して地に煙り込み、帽子は焼き低く直ぐに入り先小丸に返って小沸勝ちに点続する棟焼きに結んで、刃中匂い煙り微塵に小沸付いて砂流し掛かる。茎は擦り揚げて先切りと成り、鑢目切り、無銘となる。  本作は古い(財)日本美術刀剣保存協会の極めで「大石左」に成っているもので、其の根拠は先ず体配が僅かに擦り揚げられているにも拘わらず中程より上半に先反り強く付いて居り、この点で室町時代中頃以降の体配で有ることが看取され、次いでフクラが枯れている点は左一類の大きな見所で有り、更に地鐵が小板目精美に良く錬られて微塵に地沸付いて深美帯びており、これらも左の系統に看られる地鐵の特色で有り、更に匂い口が匂い煙り小沸勝ち湾れ調に互の目、小湾れ等が連れて焼き頭総じて強く沸付いて点在する焼き頭の湯走りが地に煙り込んで居り、更に小沸勝ち匂い煙る棟焼きが表裏片側ずつ点続し、相州気質の強い鍛冶が制作したことを裏付けており、概述の体配、地鐵、匂い口、そして棟焼きが看取される事に因り導き出したのでしょう。この極めは相当に鑑識眼のある鑑定家で無いと導き出せないもので、往時佐藤、本間両山先生の在籍中の(公財)日本美術刀剣保存協会の鑑識力の高さには敬服致します。茎が無銘なのは恐らく戦前は正宗や左文字の銘が有って、其れを消した為に茎の錆が若いのだと想像されますが、本作の沸の妙味は玄人の方でも愉しめますし、実際に手に取って御覧ぜられれば、其の出来の良さに驚く事と存じます。本格的に古刀入門をお考えの方にはとても良い教材と成る事と存知ます。更に出来の良い御護り短刀としても真向きで、此度優品外装の附した一刀一装を45万円税込みで御案内申し上げます。

無銘「大石左」(室町時代中頃・筑前国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る