取り扱い商品詳細

筑前国福岡住守次(江戸時代中期・筑前国福岡)

(保存鑑定 ツナギ、柄糸新調して納品確約)

石目地蝋鞘鐵地総金具半太刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ67㍉ 身幅28㍉ 重ね6㍉ 反り13㍉

 姿擦り揚げ、身幅元先に稍差が付いて表裏に腰樋を彫ってハバキ下で丸留めにし、反り程良く付いて腰元の踏ん張りは抜けて中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に微塵に地沸付いて乱れ映り鮮明に立ち、鐵色青黒く深美帯びて美麗で、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に大小の丁字連れて処々逆掛かり、随所に鎬上まで焼き込み棟を焼いて匂い口明るく輝き、帽子は浅く乱れ込んで良く沸付いて、先は刃先に寄って小丸に返る。刃中匂い煙り、丁子足短く点続し、砂流し長く掛かり、ささやかに砂流し働いて景色に富んでおり、茎は擦り揚げて先切りとなり、鑢目筋違い、差表下段生ぶの目釘穴下棟寄りに居住地を入れた製作者銘を独特の書体で切り下している。 本作は福岡石堂派の筆頭鍛冶で名門筑前黒田家に召し抱えられていた石堂派守次の遺作で御座居ます。彼の作品の知名度と上手な鍛冶で有る事は、刀剣歴の浅い方でも御承知の通りで、早速作品を看てみたいと思います。体配は身幅元先に稍差が付いて中切先延び心で有り、若干擦り揚げられては居りますが、江戸時代中葉の典型的体配で有り、地鐵に眼を転じますと小板目が精美で地沸が良く付いて、乱れ映りが鮮明に立っている点に先ず気が付きます。この時点である程度の鑑識をお持ちの方でしたら石堂派の作と直感される事と存知ますが、更に刃文を看てみますと、小沸勝ち匂い深い湾れ調に、大小の丁字が連れて処々逆がかっており、更には随所、鎬上まで丁子を焼き込んでおります。石堂派鍛冶は江戸、紀州、大阪、そして本作の福岡石堂派が同時代に活躍しており、大体似ていますが、仔細に看るとその相違点が看て取れます。江戸、紀州石堂派は匂い口が僅かながら締まり心で有って帽子が直ぐに入り、先小丸になり、更に紀州、大阪石堂派は丁子の間隔が狭い事が指摘されます。最も丁子の間隔が狭くてややこずんだ感のあるものが紀州石堂派で、大阪石堂派は帽子が乱れ込んで、焼き刃は福岡石堂派と同様に鎬まで焼き込む物も御座居ますが、匂い口が締まるものが多く、福岡石堂派は小沸勝ちで丁子の間隔が稍広く、どこかしらゆったりしている感の丁字で、匂い口は良く沸付いて石堂派中最も匂い深で有る事が指摘されましょう。本作はその典型を明示して居り、これから刀剣を始められようとお考えの方には、その華やかな作風は眼に焼き付く事と存知ます。写真の柄糸は新調しますし、以前は150万円前後した本作も、現在では手の届き易い52万円税込みで御案内するまでになりましたので是非、御思案下さいませ

筑前国福岡住守次(江戸時代中期・筑前国福岡)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る