取り扱い商品詳細

藤原宗貞(江戸時代中期・伊豫国)

(保存鑑定)

木片微塵変わり蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

  長さ69.6㌢ 身幅29㍉ 重ね7㍉ 反り18㍉
 姿擦り揚げ、身幅元先に稍差が付いて、反り深めで腰元浅く踏ん張り心残り中切先に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、地景細かに働いて鐵色青黒く深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に、大小の互の目連れて、刃縁処々小沸が叢となって厚く付いて地に零れて輝き、帽子は直ぐに入り、先厚く小沸付いて掃き掛け
心に小丸に返る。刃中匂い煙り、互の目足良く沸付いて点続し、砂流し掛かり、太い沸筋が働いて景色に富んで居る。茎は擦り揚げて先浅い栗尻となり、鑢目筋違い、茎下半に制作者の四時銘を棟寄りに切っている。 本作は江戸時代中葉に現在の愛媛県松山市道後温泉で鍛刀して居た宗貞の遺作で、現存数は10口前後で御座居ます。彼は銘鑑によると鎌倉時代末期の相州正宗十哲の一人である金重の後裔と有り、その誇りが彼を支えたので御座居ましょう。本刀はその彼の意地が漲る秀作で、地鐵は小板目精美に細かに地景働いて蒼黒く深美帯び、更に刃文に注目致しますと、此の頃に大阪で全盛していた匂い口の深い大小の互の目連れた所謂「濤蘭刃」に近似した刃文を焼いて居り、彼が関西方面から転住してきた事が想起されます。刃中には沸付いた太い足が点続して刃縁は匂い深で小沸厚く付いて砂流し、沸筋が働いて景色に富み、覇気有る作風は名門の金重鍛冶の後裔である事の自負が、地景が良く働く地鐵や刃文から醸されている感があります。決して名門派の一流鍛冶では御座居ませんが、その精神は一流鍛冶と同列で、出来ますれば地元の松山市の愛刀家に所蔵して戴いて帰参を願うところで御座居ます。48万円税込みで御座居ます。

藤原宗貞(江戸時代中期・伊豫国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る