取り扱い商品詳細

肥前国住源正次(江戸時代初期・肥前国)

(保存鑑定)

黒蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

   長さ69.4㌢ 身幅28㍉ 重ね6㍉ 反り9㍉
 姿3㌢擦り揚げ、身幅元先に差が開かず、反り稍浅く付いて腰元踏ん張り抜けて中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、微塵に地沸付いて地景働いてややザングリとした感有り、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に、互の目連れて処々厚く沸付いた大互の目が交じり、焼き頭や走り叢と成って地に溢れて飛び焼き掛かる所看られ、帽子は直ぐに入り、厚く沸付いて沸筋二重刃掛かって先稍大丸に返り、物打ち辺棟まで長く焼き下げている。刃中匂い煙り微塵に小沸付いて葉、互の目足点続し、総体に砂流し浅く掛かる。茎は擦り揚げて先浅い栗尻となり、鑢目切り、差表埋めてある真ん中の生ぶの目釘穴に掛かって、棟寄りに居住地を入れた制作者の銘を切り下している。
 本作は江戸時代初期の元和年間に最も作品を遺して居り、更に肥前鍛冶中随一の沸勝ちの烈しい作風を真骨頂としている伊豫掾宗次の遺作で、本刀は伊豫掾任官前の初期銘の作で御座居ます。彼の作品は度々御案内致して居りますが比較的に現存作が多く、馴染みのある刀工でも御座居まして順を追って看てみたいと思います。先ず体配は3㌢程擦り揚げており、江戸時代初期の作なので身幅元先に差が開かず中切先延び心の典型的体配が殆ど完存し、次いで地鐵は小板目細かに肌立って微塵に地沸付き、地景良く働いて所謂「小糠肌或いは肥前鐵」の典型と成り、小沸勝ち湾れ調に腰元から中程に掛けて互の目が連れて刃縁良く沸付き、中程から厚く沸付いた大互の目を交えて一段と焼き高く成り、互の目が断続して湯走り叢と成って連れて、匂い口一層明るく輝き、そのまま帽子に繋いで焼き頭沸筋伴って大丸に返ってそのまま物打ち上まで長く焼き下げて居り、有る程度の鑑識眼をお持ちの方でしたら彼の作と直感する事と存じます。本作は沸勝ちの作風を真骨頂とする宗次の典型的な作風を明示して居り、沸の働きは日本刀の美の生命線的見所で有り、此度手の届き易い65万円税込みで御案内申し上げます。

肥前国住源正次(江戸時代初期・肥前国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る