取り扱い商品詳細

兼氏(江戸時代中期・美濃国)

(保存鑑定)

黒蝋鞘金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ68.8㌢ 身幅32㍉重ね6㍉ 反り19㍉

 姿生ぶ、身幅元先に差が開き、腰元踏ん張り付いて反り稍深く付き、中切先延びた体配に結び、地鐵は小板目精美に処々肌立って大肌交じり、地沸微塵に付いて肌面白け、刃文は小沸勝ち匂い深く締まり心となり、腰刃を焼いた直ぐ刃と成り、処々焼き頭に小さく湯走り連れて沸筋働き、帽子は直ぐに入り、先掃き掛けて小丸に綺麗に返り、刃中匂い煙り、微かに小足点続する。茎は生ぶ、先浅い刃上がり栗尻となり、鑢目日垣、差表目釘穴下中央に制作者の二字銘が有る。 本作は江戸時代中期の美濃国残留鍛冶の一人、兼氏の遺作で御座居ます。彼は正宗十哲の一人に数えられる志津三郎兼氏の後裔で、同銘が幕末にまで永代続き、彼の後裔の幕末最後の兼氏になると志津三郎兼氏銘を復活させて切っている事が現存作から明らかで、関鍛冶の大多数は江戸時代に成って全国に転住すると、「兼」の字を変える中、兼定、兼元、兼氏を襲名する鍛冶は先代の偉功をあやかってそのまま続いております。本作は腰刃(腰元だけに互の目を焼く事)を焼いて匂い口締まった直ぐ刃を焼いて居り、焼き頭に細かに働く沸筋が特に品良く、帽子も綺麗に返って上手で、関鍛冶の真骨頂的見所の板目に刃寄り柾掛かる肌が肌面白け、匂い口締まり、茎の鑢が日垣と成り、2.3年刀剣を勉強された方でしたら「新刀関鍛冶」と直感される事と存じます。これから刀剣を御所蔵なさろうとお考えの初心者、入門者様には真向きで、手の届き易い手頃な38万円税込みでご案内申し上げますので、御思案下さいませ。

兼氏(江戸時代中期・美濃国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る