取り扱い商品詳細

藤原行長(室町時代末期・甲斐国)

(特別保存鑑定 柄糸新調して納品確約)

黒変塗蝋鞘赤銅家紋散彫り総金具半太刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ70㌢ 身幅31㍉ 重ね7㍉ 反り21㍉
 姿生ぶ、鎬高く、身幅元先に差が開かず、先反り付いて腰元浅く踏ん張り付いて大切先に結び、地鐵は小板目精美に肌立った流れ肌交じり、微塵に地沸付いて処々湯走り叢と成って付いて、飛び焼き掛かり、細かに地景働いて鐵色強く、刃文は小沸勝ち匂い深い直ぐ調に、出入りの少ない互の目連れ、中程から上半は焼き頭に湯走り叢と成って付き、処々飛び焼き掛かって地に溢れ、帽子は直ぐに入り、湯走り連れて二重刃掛かって先尖って僅かに返る。刃中匂い煙り、互の目足入り、葉点続してささやかに砂流し掛かり、茎は生ぶ、先小振り刃上がり栗尻となり、鑢目切り、差表目釘穴横棟寄りに制作者の四字銘が有る。 本作は室町時代末期の甲斐国
鍛冶の一人で、現存する作品は希有の行長の遺作で御座居ます。同時代に豊後国高田鍛冶に同銘鍛冶が居りますが、作風が相違して居り、その辺から見てみたいと思いjます。先ず体配は身幅元先に差が開かず先反り付いて大切先に結んでおり、南北朝時代の体配と良く近似した室町時代末期の天正、文禄年間の特徴的な体配で、次いで地鐵に注目すると小板目が精美で柾掛かった大肌が交じり、微塵に地沸付いて細かに地景働いて鐵色強く黒味掛かっており、高田鍛冶は大凡肌面が白けて淡く映り立つ点が見所で有り、此処に高田鍛冶との大きな差違が御座居ます。ついで刃文に眼を転ずると小沸勝ち匂い深い直ぐ調に互の目が連れて、焼き頭に湯走り、飛び焼きが点続して刃縁総体に明るく、同時代の嶋田派に類似点が看られる事から、武田信玄の時代に嶋田鍛冶を呼び寄せた鍛冶の土着した鍛冶で御座居ましょう。本作は柄糸は新調して納品し出来、健全さにも申し分ないことから甲州の地元愛刀家に所蔵されて帰参させて上げたく存じ此度88万円税込みで御案内申し上げますので、御検討下さいませ。

藤原行長(室町時代末期・甲斐国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る