取り扱い商品詳細

国次(室町時代後期・越中国)

(保存鑑定)

朱潤み笛蒔絵蝋鞘赤銅総金具半太刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ65.1㌢ 身幅28㍉ 重ね6㍉ 反り18㍉
 姿擦り揚げ、表裏に棒樋をハバキ下で丸留めにし、身幅元先に差が付いて先反り付き、腰元踏ん張り抜けて中切先に結び、地鐵は小板目精美にネットリとして微塵に地沸付いて、湯走り叢と成って凝って飛び焼き風と成る所有り、淡く映り立って、肌面総じて白け掛かり、刃文は小沸勝ち匂い深い浅い湾れ調に小互の目が連れ、腰元の焼き頭には湯走りが叢と成って連れて、金筋働き、二重刃掛かり、頭尾がそれぞれ沸筋と成って地に消し込み、物打ち辺焼き頭には沸筋が連れて金筋交じり、帽子は焼き頭に沸筋を断続させて浅く湾れ込み、良く掃き掛けて小丸に浅く返る。刃中匂い煙り、互の目足点続して刃先に煙り込み、微塵に小沸付いて処々沸筋ささやかに働き砂流し掛かる。茎は擦り揚げて先切りと成り、生ぶの鑢目切り、差表目釘穴下中央に制作者の二字銘が有る。 本作は室町時代後期の越中国の

古参鍛冶派として著名な宇多派に所属する国次の遺作で御座います。宇多派の国次は逆上ること南北朝時代から銘鑑に看られ、室町時代末期まで続いており、同派の中堅鍛冶として比較的に現存作が御座居ます。本作は室町時代後期の天文年間頃の国次で、地鐵が小板目精美に詰んでネットリとした感有り、刃寄り流れ心と成って、微塵に地沸付いて肌面白けて日本海側鍛冶によく看られる地鐵を顕示し、小沸勝ち匂い深い湾れ調に小互の目が連れ、腰元の焼き頭に湯走りが叢と成って厚く連れて沸筋働き、物打ち辺は沸筋が焼き頭に連れて帽子にそのまま入る等、大和気質のある宇多派特有の作風を顕現し、玄人様はきっと宇多派鍛冶の作と直感される事と存知ます。外装も青貝微塵に朱潤み笛蒔絵蝋鞘の半太刀拵え附した一刀一装で、初心者様から人気のある宇多派鍛冶の作をお探しの方まで愉しんで戴けると存じ、43万円税込みで御案内致します。

国次(室町時代後期・越中国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る