取り扱い商品詳細

播磨大掾藤原重高 石見守藤原信仍(江戸時代前期・越前国)

(特別保存鑑定)

貝散らし蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ41㌢ 身幅31㍉ 反り1㌢ 重ね7㍉ 姿平造り生ぶ、身幅元先に差が開かず先反り付いて腰元踏ん張
り付き、フクラ張り心となった体配と成り、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、棟寄り流れ肌と成り、微塵に白っぽい細かな鐵が交じって地景細かに働いてザングリとした感有り、肌面白け心となって刃文は、小沸勝ち匂い深い浅い湾れ調に互の目連れ、焼き頭ムックリと丸み帯びて刃縁小沸良く付いて処々地に溢れ、帽子は手前直ぐと成り先小丸に突き上げ心に長く返り、沸の食い下がりがフクラ上棟まで点続して点在する棟焼きに繋がる。刃中匂い煙り互の目足点続して刃先に長く煙り込み、足に絡んで砂流しが良く働き、中程から切先に掛けて淡く沸筋が良く働く。茎は生ぶ、先刃上がり栗尻となり、鑢目浅い筋違い、差表目釘穴横棟寄りに任官職を入れた制作者の銘を切り下し、差裏に同じく任官職を入れた合作者の銘を切り下している。 本作は江戸時代前期の越前代表鍛冶の重高と信仍の師弟合作の遺作で、非常に珍しい作品で御座居ます。本作の見所は地鐵が小板目細かに肌立ち、微塵に白っぽい地鐵が交じって地景働き、肌面白ける越前鐵の典型に、小沸勝ちの互の目を連れて刃縁小沸良く付いて地に溢れ、刃中の足が点続して砂流しが絡み、上出来の作品となっております。両者の合作は初見で付属の外装からして相当な身分に士族からの特注作である事は容易に把握出来、粋な越前侍の遊び心を醸しており、宴席や祝いの席で前差しとして重用されたもので御座居ましょう。内外共にこだわりを持つ方には真向きな一刀一装で、此度53万円税込みで御案内申し上げますので御思案下さい。

播磨大掾藤原重高 石見守藤原信仍(江戸時代前期・越前国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る