取り扱い商品詳細

越前国兼植(江戸時代中期・越前国)玄人様や通人向け江戸時代在銘健全刀

(特別保存鑑定 現在研ぎ上げ中)

黒蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ69.4㌢ 身幅31㍉  重ね6㍉ 反り19㍉ 研ぎ仕上げして納品確約 姿擦り揚げ、身幅元先に差が付いて反り程良く、腰元浅く踏ん張り残り中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、白い細かな地鐵が微塵に混ざり、地沸細かに付いて地景働き、鐵色黒味帯び、刃文は小沸勝ち直ぐ調に出入りの少ない互の目が連れて焼き頭揃い、処々刃縁から小沸が地に溢れ、帽子は直ぐに入り、厚く沸付いて先富士型に小丸に返り、刃中匂い煙り、沸足短く点続し、砂流し微かに掛かる。茎は擦り揚げて先浅い剣形と成り、鑢目筋違い、差表下段生ぶの目釘穴下棟寄りに居住地を入れた製作者銘を切り下す。 本作は江戸時代初期に越前国に転住した関の兼植の四代目に当たる兼植の遺作で、銘鑑によると延宝頃と成っております。越前鍛冶は日本海側の鍛冶である事は御承知の通りで地鐵が小板目精美に細かに肌立ち、細かに白っぽい地鐵の微塵に混ざり、地沸細かに付いて地景働き、黒味帯びている点が越前鍛冶の大きな見所で、肌面が白けるものも多く、そして小沸本位の直ぐ調に焼き頭揃った互の目が連れて、刃縁から小沸が地に処々溢れて総体に明るく、刃中の足も沸足が短く点続する点は、彼の作風の真骨頂で、越前鍛冶中に有って彼が最も沸勝ちな作風である事から、通人好みの上手な刀工としても知られて居ります。本作は概述の見所を明示し然も健体で有り、付属の外装は黒蝋鞘に赤銅魚子地の竹林之図の金工金具で誂えた一刀一装で、越前武士の気骨を醸しております。初心者、入門者様には打って付けの良刀で御座居ますが、本作は買い出して前回の審査で鑑定を取得したばかりで有り、現在刀身に鞘あたりやヒケ疵が有りましたので、研ぎに出しておりますので、御案内の際は最良の状態で御座居ます。この内外仕上げた一刀一装を手の届き易い69万円税込みで御案内致しますので御思案下さいませ。

越前国兼植(江戸時代中期・越前国)玄人様や通人向け江戸時代在銘健全刀についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る