取り扱い商品詳細

丹後守藤原照門 於関善定作之(江戸時代中期・美濃国)

(保存鑑定)

朱虎斑塗蝋鞘鐵地象嵌金工金具半太刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ63.2㌢ 身幅3㌢ 重ね6㍉ 反り8㍉ 姿生ぶ、身幅元先に差が付いて、反り浅く付き、腰元踏ん張り浅く付いて中切先に結び、地鐵は小板目精美に細かに肌立ち、地沸微塵に付いて肌面白け、刃文は小沸勝ち匂い深い直ぐ調に、刃縁良く沸付いて、互の目、食い違い刃交じり、処々刃縁に沸筋働いて地に消し込み、帽子は良く沸付いて直ぐに入り、焼き幅高く先富士型に小丸に返り、刃中匂い煙り、微塵に小沸付いて小足入り、沸筋、砂流し良く働く。茎は生ぶ、先急な刃上がり剣形と成り、鑢目やや太い大筋違い、差表生ぶの目釘穴下中央に任官銘を入れた制作者銘を太鏨で切り下し、差裏に鍛刀地と所属派を切り下している。

本作は江戸時代中期の美濃国残留鍛冶で室町時代初期に派生した「善定派」の裔で有る照門の遺作で、伊勢や江戸打ちなどが残り当時から注文が多い上手な刀工として知られて居ります。本作の見所は体配が反り浅く身幅元先に差が付いて中切先に結ぶ所謂「寛文体配」の典型を明示し、次いで小板目精美に細かに肌立ち、地沸厚く付いて肌面総体に白け、美濃鍛冶特有の肌合いを呈しており、更に小沸勝ち匂い深い直ぐ調に、尖り風互の目、小乱れが交じり、刃縁強く沸付いて明るく、腰元、中程辺りは沸筋が良く働いて頭と尾が地に消し込み、極めて相州気質の強い作と成り、見落としては成らないのが互の目が尖り風と成っている点で、美濃鍛冶の名残を顕現して居ります。本作は初めて刀剣を御所蔵なさろうとお考えの初心者、入門者様には真向きと存じ、外装も往時の粋な塗蝋鞘で誂えた半太刀拵えが附した一刀一装と成っております。此度手の届き易い38万円税込みで御案内申し上げます。

丹後守藤原照門 於関善定作之(江戸時代中期・美濃国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る