取り扱い商品詳細

紀政平(江戸時代中期・豊前国小倉)

(特別保存鑑定)

黒蝋鞘赤銅金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

  長さ71.2㌢ 身幅3㌢ 重ね7㍉ 反り25㍉
 姿生ぶ、身幅元先に差が殆ど開かず、反り稍深く付いて腰元浅く踏ん張り付いて中切先延びた体配に結び、地鐵は小板目精美に地景微塵に働いて、蒼黒く深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に丁子交じりの互の目が連れ、処々互の目の谷間に小沸が厚く溜まり、焼き頭にも湯走り叢と成って処々地に小さな飛び焼きの態と成って固まり、匂い勝ちと成る処は沈み、小沸勝ちと成る処は明るく輝いて、帽子は乱れ込んで、刃縁に沿って湯走り叢と成って付き先突き上げ心に掃き掛けて小丸に返り、物打ち辺棟まで長く先下げて棟焼きに繋がる。刃中匂い煙り、小沸叢と成って匂い口下に付き、小足点続して入り、沸筋、砂流し働く。茎は生ぶ、先刃上がり栗尻となり、鑢目切り、差表目釘穴下棟寄りに制作者の三字銘を切る。 本作は現存が少ない希少鍛冶の一人、江戸時代中期の現在の北九州市小倉の刀工である政平の遺作で、銘鑑には角兵衛、庄太夫。本国豊後高田。正平同人。とあり、高田から小倉に転住した際に政平に改銘したので御座居ましょう。本作の見所は出色な出来口に御座居ます。というのは高田鍛冶流の大半は小板目精美に詰んで細かに地景働き、処々流れ肌や大肌が交じって肌面が白けるものが通常の作風で御座居ますが、本作には一切その様な所は見受けられず、蒼黒く深美帯びて、小沸勝ちの丁子交じりの互の目が連れて匂い勝ちと小沸勝ちの叢が有り、匂い勝ちの処は沈み心となって、小沸勝ちの互の目の腰、頭は明るく輝いて居り、地刃のコントラストが美しく素直に「美麗」と思うからで御座居ます。恐らく彼の現存作品中、随一の出来で有ると存じ、出来ますれば地元北九州方面の愛刀家に御所蔵戴いて、本作の帰参を願う所で御座居ます。付属の外装は経年の痛み等が多く、補修跡が目立ちますが、350年前のもので御座居ますし、現在では実用とは全く無縁の美術品で御座居ますので、時代の流れを愉しむと思って下さいませ。本作は優作に買い換えを御検討なさっている方に、必ずやご満足戴けると確信する名作で95万円税込みで御案内致します。

紀政平(江戸時代中期・豊前国小倉)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る