取り扱い商品詳細

大日本鍛冶 源宗次(江戸時代中期・肥前国)伊予掾宗次同人

(保存鑑定 研ぎ、白鞘新調済み)

黒呂変わり塗り蝋鞘素赤金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ68.8㌢ 身幅27㍉ 重ね6㍉ 反り7㍉
 姿擦り揚げ、身幅元先に差が付いて反り浅く腰元浅く踏ん張り心付いて中切先に結び、地鐵は小板目精美に微塵に小沸付いて地景働いて細かに肌立ち、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に大小の互の目、丁子連れて、刃縁小沸総体に良く付いて明るく、帽子は乱れ込んで先尖り心に乱れて長く返り、刃中匂い煙り、微塵に小沸付いて沸足長く入り、砂流し掛かる。茎は擦り揚げて先切り、鑢目切りと成り差表茎尻の生ぶ穴に掛かり二行に製作者銘と添え銘を切っている。
  本作は肥前鍛冶でも相州気質が最も強い事で知られる伊豫掾宗次の遺作で、彼は将軍家光が上洛中に召し出されて五千貫の褒美を賜る等、脇肥前鍛冶の中では出色な鍛冶で御座居ます。彼は佐賀と諫早で主に鍛刀して居り、工房制であった当時の肥前鍛冶の仕事に疑問を持って諫早で主に鍛刀して居たのでは無いでしょうか、他の脇肥前鍛冶とは作風の趣が相違していて、作域も群を抜いて広く、直ぐ刃から鎬地に沸が溢れるほどの大胆な乱れ刃の肥前鍛冶の匂い口とは思えない程に烈しいものが多く、特に沸の働きに傾注していた事は現存する作品から明らかで御座居ます。これは諫早打ちが烈しい出来のものと思われ、佐賀の肥前鍛冶工房打ちは尋常な作で有ると想像され、余りにも烈しい出来のものは藩に納めるのを棟梁達がためらったので無いでしょうか。本作は概述の佐賀打ちと看られ、極めて尋常な肥前鍛冶の典型的な作風と成り、鐵色が強く地沸付いて細かに地景働き肌立ち、所謂「肥前鐵、縮緬肌」の態を顕示しており、小沸勝ち匂い深い湾れ調に互の目が連れて匂い口深く一層明るく、有る程度の鑑識眼をお持ちの方でしたら肥前鍛冶の作と直感される事と存知ます、見た目は温和しいのですが其の匂い口の働きは烈しいものを押さえた様な覇気に溢れており、此度手の届き易い45万円税込みで本作を御案内致します。

大日本鍛冶 源宗次(江戸時代中期・肥前国)伊予掾宗次同人についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る