取り扱い商品詳細

肥前国住廣永(江戸時代中期・肥前国)

(保存鑑定)

黒蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ69.8㌢ 身幅29㍉ 重ね5㍉ 反り15㍉
 姿擦り揚げ、身幅元先に差が付いて反り程良く腰元浅く踏ん張り心残って中切先に結び、地鐵は小板目精美に微塵に地沸付いて地景働き細かに肌立って深美帯びて独特の肌合いを呈し、刃文は小沸勝ち匂い深い浅い湾れ調と成り、総体に小沸刃縁に強く付いて処々地に溢れ、匂い口に金筋働く、帽子は直ぐに入り先小丸に稍長く返り、刃中匂い煙り、小足良く入り砂流し掛かる。茎は擦り揚げて先刃上がり栗尻となり、鑢目切り、佩表茎下半棟寄りに居住地を入れた製作者銘を切り下している。
 本作は江戸時代中期の備中大掾藤原正永の遺作で、銘鑑によると二代河内守正廣子、初銘「廣永」、「正長」、「正永」と改銘す、伝兵衛、寛文五年に備中大掾受領、宝永元年十二月六十才歿。三代目正廣なるも生涯「正廣」と銘せず。とあり、四代目から河内守正廣と代々襲名していく事から三代正廣の代で家督相続の問題が生じたと想像致します。本作は肥前国佐賀藩工として手厚く鍋島家に庇護された忠吉家と正廣家の正統派で忠吉家を本流として正廣家他はは「脇肥前」と総称されている代表格の鍛冶一族の刀工で、それぞれに工房制で作品を融通しあって藩に納めていた事が明らかに成ってきております。乱れ刃は概述の脇肥前鍛冶が多く、直ぐ刃仕立ての作は忠吉家鍛冶の御家芸として最も多く、また刀は殆ど「太刀銘」に切る事も肥前鍛冶の特長でも御座居まして御承知の方も多い事と存知ます。本作の見所は先ず地鐵に御座居ましょう、小板目が精美に地景働いて微塵に地沸付いて細かに肌立ちチリチリとした態を顕現し所謂「縮緬肌」となり、小沸勝ち匂い深い直ぐ調に小沸が一層強く付いて処々湯走り状に連れ心と成り、肥前刀の典型的作風を明示し、数年刀剣の趣味に身を置かれた方でしたら肥前鍛冶の作と直感なさる事と存じます。三代正廣は肥前鍛冶の中でも上位に位置する鍛冶で、此度48万円税込みという手の届き易い価格帯で御案内申し上げます。

肥前国住廣永(江戸時代中期・肥前国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る