取り扱い商品詳細

肥前国廣次(江戸時代中期・肥前国)

(特別保存鑑定)

青貝微塵小尻金具蝋鞘真鍮金工金具打刀拵附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

 長さ69㌢ 身幅31㍉ 重ね6㍉ 反り27㍉
 姿生ぶ、身幅元先に差が付いて反り深く付き、腰元浅く踏ん張り付いて中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に地沸厚く付いて、地景良く働き細かに肌立って肥前鍛冶独特の肌合いを呈し、刃文は小沸勝ち湾れ調に丁子、飛び焼きを交え、匂い口に稲妻、金筋良く働いて処々叢と成って付く小沸地に溢れ明るく輝き、帽子は湾れ込んで先小丸浅く返り、刃中匂い煙り微塵に小沸付いて足入り砂流し良く掛かる。茎は生ぶ、先栗尻となり、鑢目筋違い、佩表目釘穴横棟寄りに居住地と製作者銘を切り下して居る。 本作は現存希少な肥前廣次二代の遺作で、彼の父は相州鍛冶四代相州綱廣に師事し、後に万治四年頃に肥前平戸に転住して肥前河内守正廣に師事して本作の作者である廣次へと家督を継承するのでありますが、その作風は実に相州気質のもので、伊豫掾宗次に作風が似ており、他の肥前鍛冶と大きく異なる点は刃文で、他の肥前鍛冶は足長丁子、虻の目丁子と呼称される焼き頭が丸いものが多いのですが、彼の丁子は焼き頭が尖り心に小沸が強く付いて丁子の間隔が狭く、相州鍛冶の作風の名残を遺している点で、匂い口と刃中に働く金筋、稲妻は相州鍛冶の沸筋とは相違し、如何にも覇気に満ちて居り、此処に彼の作風の大きな見所が御座居ます。現存する作品は元禄五年紀のものが現存し、実父で有る初代廣次が元禄七年に没していることから、初代廣次が没する前に家督を継いでいたことが伺え、現存作が希少なのは正廣等の肥前鍛冶工房に属していたからでは無いでしょうか。体配が反り深く中切先延びていることから本作は貞享年間以降の作品で有ることが伺われ、彼の円熟期の出色な出来映えであり、匂い口に働く稲妻や金筋、湯走りは愛刀家の眼を愉しませる事は確かで、肥前鍛冶独特の「肥前鐵」と呼称される美しい地鐵も看るものを飽きさせず、刀工の位列より寧ろ出来にこだわりを持つ方に自信を持ってお薦め致します滅多に出ない名作で御座居ます。以前は200万円前後したこの一刀一装を此度88万円税込みで御案内申し上げます。

肥前国廣次(江戸時代中期・肥前国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る