取り扱い商品詳細

備前国住長船祐定(室町時代末期・備前国長船)

(保存鑑定 柄糸を巻いて納めます)

朱変わり塗り蝋鞘肥後金具一作合口拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ22.5㌢ 身幅23㍉ 重ね7㍉ 無反り 姿平造り、身幅の割りに重ね厚く、フクラ枯れてやや煤どしい感有り、地鐵は小板目処々肌立つ処交じり、地沸付いて地景良く働いて鐵色強く、淡く映り立ち、刃文は小沸勝ち湾れ調に互の目連れて上半から直ぐ状と成り、帽子掃き掛けて火炎風に返り長く丁子主体に焼き下げ、刃中匂い煙り、足入り、砂流し掛かる。茎は生ぶ、先栗尻となり、鑢目切り、差表目釘穴下棟寄りに居住地、所属派を入れた制作者の銘を切り下している。
 本作は室町時代末期の長船祐定の遺作で、此の後徳川藩政時代に入ると僅かに祐定が残るだけで他の刀工は居なくなってしまう事から、備前鍛冶の終わりの意味する「末」を付けて「末備前」と呼称される事は御承知の通りで御座居ます。本作の見所は先ず体配に有り、身幅の割りに重ね厚く、フクラが枯れて煤どしい感の有る体配と成っており、此れは短刀に於ける同時代の長船鍛冶の見所であり、次いで地鐵が小板目精美に処々大肌交じって湯走り叢と成って付く点、小沸勝ち湾れ調に互の目や丁子交じり、互の目が連続する所はやや蟹刃風に焼き頭寄って尖り心となり、焼き頭に湯走り点続して地に煙り込む点等も、同様の見所で御座居ます。刀剣歴が3年以上の方でしたら、此の体配と地鐵で「末備前」と直感される事と存知ますし、典型作で付属の外装も肥後拵えの優品で誂えられて居り、柄糸は無くなっておりますので当堂で新たに巻いてから43万円税込みで納品致します。

備前国住長船祐定(室町時代末期・備前国長船)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る