取り扱い商品詳細

備中松山藩臣武藤兼常 天明八年二月日(江戸時代中期・備中国松山)

(保存鑑定)

黒雲紋蝋鞘赤銅金工金具打ち刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ66.8㌢ 身幅3㌢ 重ね6㍉ 反り8㍉
 姿擦り揚げ、身幅元先に差が付いて反り稍浅く付いて、腰元踏ん張り抜けて中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に良く詰んで、微塵に地沸付き、蒼黒く深美帯び、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に、大小の互の目連れて随所袋掛かり、焼き刃の高低が付いて処々鎬に掛かり、帽子は直ぐに入り先やや大丸風に返り、横手上まで焼き下げ、刃中匂い煙り、互の目足点続し、ささやかに砂流し掛かる。茎は擦り揚げて先切りと成り、生ぶの鑢目は化粧掛かった大筋違い、差表上から3番目の生ぶの目釘穴に掛かって棟寄りに仕官先の藩名と自身銘を切り下し、差裏に同じく制作年紀を切り下している。 本作は江戸時代中頃から後半に掛けて現在の岡山県高梁市内山の松山城主の板倉家五万石に仕官していた武士鍛冶の武藤兼常の遺作で、彼は美濃国の生まれで同地の関鍛冶に手解きを受け、江戸に出府した際に板倉家の江戸藩邸で仕官することと成り、板倉家の領地である備中松山に転住したので御座居ましょう。藩臣の仕事の合間に鍛刀していた為に現存作が稀少で、御覧に成られた方も少ない事と存知ますが、その実力たるは中々のもので、先ず地鐵が小板目精美に詰んで微塵に地沸付いて深美帯び、小沸勝ち匂い深い出入りの大きい互の目、丁子連れて鎬に掛かり、何処と無く三本杉風の刃取りが看取され、彼が関鍛冶から手解きを受けた名残を見せ、地刃の明暗がクッキリとして上手で御座居ます。地元の愛刀家様は元よりこれから刀剣を御所蔵なさろうとお考えの方には真向きで56万円税込みで御案内申し上げます。お薦めの名作ですので是非御検討下さいませ。

備中松山藩臣武藤兼常 天明八年二月日(江戸時代中期・備中国松山)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る