取り扱い商品詳細

無銘「越前関」(江戸時代中期・越前国)

(保存鑑定)

変塗り蝋鞘赤銅魚子地家紋散らし一作打刀拵え附

▲画像クリックで拡大表示します。

▲画像クリックで拡大表示します。

商品仕様

特徴

長さ70㌢ 身幅28㍉ 重ね5㍉ 反り12㍉
 姿大擦り上げ、身幅元先に差が付いて反り程良く、腰元踏ん張り抜けて中切先延び心に結び、地鐵は小板目精美に地沸微塵に付いて鎬地、地鐵共に総体に流れ、湯走り地に叢と成って処々に付いて肌に絡んで沸筋と成り、地に溢れて輝き、刃文は小沸勝ち匂い深い湾れ調に大小の腰開き互の目連れ、刃縁厚く沸付き、焼き頭から刃中に掛けて金筋、沸筋が烈しく働いて地に溢れて輝き、帽子は焼き刃高く、厚く沸付いて殆ど一枚帽子と成り沸筋伴って掃き掛けて小丸に返り、長く焼き下げている。刃中微塵に小沸付き、厚く沸付いて太い足点続して沸筋、金筋、砂流し等が烈しく働き、複雑な刃中の働きを顕現し、覇気を醸している。茎は大擦り上げ、先切り、鑢目切りと成り、無銘。 本作は前回の(公財)日本美術刀剣保存協会審査で江戸時代中期の「越前関」に鑑定された作で御座居ます。越前関とは関鍛冶が越前に転住した鍛冶群の意で、越前兼植等が其の代表格として挙げられましょう。其の根拠に付いて看ていく事に致します。先ず体配が擦り揚げながらも身幅元先に差が付いて中切先に結んでおり、この点で典型的な寛文新刀体配で有ることが看取され、次いで地鐵に白っぽい細かな地鐵が交じらず総体に流れ肌と成って地沸が厚く付き、次いで刃文が厚く沸付いた大小の互の目連れて烈しく金筋、砂流しが働いて居り、美濃鍛冶流で関鍛冶とは相違し、沸勝ちの刃文を焼く刀工を探すと、兼植等に代表される越前関鍛冶を導き出したので御座居ましょう。苦肉の鑑定で苦労したことと存じますが、本作は刀剣の一番大切な地刃の働きの殆どを顕示する百貨店のような作風で、初心者の教材にはこれ程に適した教材は無いと存知ます。刀身の反りと身幅元先の差が概述のもので無ければ一脈、室町時代前期の「美濃千手院」の作風に酷似しており、長い間愉しんで戴ける優品外装も附した一刀一装で御座居ます。此度55万円税込みで御案内致しますので是非、御思案下さいませ。

無銘「越前関」(江戸時代中期・越前国)についてお問い合わせする

ページの上部へ戻る